【Unity】スクリプトを使ってテキストの色や文字を変更する方法!

Unity Unity

スクリプトを使ってテキストの色や文字を変更する方法!

ゲーム制作などで使われることの多いスクリプトからテキストを変更する方法を解説します。
初心者の方は、スクリプトからテキストの色や文字を変更するのは難しいと感じるかもしれませんが、実際にやってみるとすごく簡単にできます!
それでは、やっていきましょう!

HierarchyにTextObjectを作成

実際にスクリプトから変更する元となるテキストを作成します。

Hierarchy→UI→Textで作成してください。

 

テキストが左下にあり、見にくいのでRect Transformをリセットします。

リセットすることでテキストが画面中央に移動します。

Textオブジェクトの名前がTextのままだと、スクリプトを書く上で分かりにくいので名前をsampleTextに変更します。

スクリプトを作成

現在Scene Viewには、Smaple Textと書かれています。実際にこの文字を変えるためのスクリプトを作成していきます。

Assets→Create→C#Script

今回はテキストを変更するスクリプトなので、スクリプト名はTextControllerとします。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;//テキストを読み込む場合には必ず入れてくだい

public class TextController : MonoBehaviour
{
public Text sampleText;//sampleTextオブジェクトのTextを読み込む
void Start()
{
sampleText.text = "変わった";//sampleTextオブジェクトのTextは、変わったに変更
sampleText.color = Color.red;//sampleTextオブジェクトのColorを、赤色の変更
}

}

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;//テキストを読み込む場合には必ず入れてくだい

public class TextController : MonoBehaviour
{
public Text sampleText;//sampleTextオブジェクトのTextを読み込む
void Start()
{
sampleText.text = "変わった";//sampleTextオブジェクトのTextは、変わったに変更
sampleText.color = Color.red;//sampleTextオブジェクトのColorを、赤色に変更
}

}

Assetsフォルダにスクリプトがあるだけではスクリプトを使うことができないので、Hierarchyにスクリプトを使うためのオブジェクトを用意します。

Hierarchy→GameObject

GameObjectにTextControllerスクリプトを追加します。

sampleTextをGameObjectに追加します。

これでスクリプトからテキストを変更する準備は整いました。

実行してください。

 

まとめ

文字をsample Textから変わったに変更し、色を黒色から赤色のに変更することができました。

ゲーム制作する上で使われることが多々あるのでしっかり覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました