【Unity】作業効率Up!Asset Storeの使い方!!

Unity Unity

作業効率Up!Asset Storeの使い方!!

Unityにはゲーム開発を行う上で非常に便利なAsset Storeが存在します。

Asset Storeでは、3Dモデルや2Dモデルの素材や画像、プラグインをダウンロードすることができます。Asset Storeにある素材のみでゲーム制作できるほど豊富にあります。無料でも使えるのでぜひ利用しましょう!

Asset Store(アセットストア)とは?

Asset-Store

 

Asset Storeとは、Unityで使用できる3Dモデルの素材や画像などを購入できるショップです。 このAsset Storeでは、開発効率を上げるためのプラグインも扱っています。 Asset Storeでダウンロードできるものは、有料が多いですが、無料で使える素材もあります。筆者もAsset Storeにある無料の素材を利用して、ゲーム開発を行っています。

Asset Storeの使い方

ここからは、具体的にAsset Storeの使い方を解説していきます。

Unityをインストールしている方であればだれでも使用することができます。

 

Unity Hubにて新規プロジェクト作成してください。

Unityを起動すると、上部のタブにFile,Edit,Asset,GameObject,Componet,Window,Helpと表示されます

StartUpUnity

Asset Storeを利用するには、Window→Asset Storeをクリックしてください。

Add Asset Store

クリックするとAsset Storeが追加されます。

画面が小さい場合は、画面のハンバーグアイコンをクリックしてMaxmizeを選択することで拡大することができます。

元に戻したい場合は、もう一度ハンバーガーアイコンをクリックしてMaxmizeを選択してください

Maxmize

画面右側でカテゴリーを選択することができます。自分の欲しい素材のカテゴリーを選択しましょう。

Asset Menu

さらに、Asset Storeには無料のAssetに絞って検索することも可能です。

Free Assetsに✓を入れることで無料のAssetに絞ることができます。

実際にAssetをダウンロードしてみましょう。

今回はUnity更新AssetのUnity Chan!をダウンロードします。

Unity Chan!

ダウンロードが完了すると、ダウンロードボタンがインポートボタンに変わります。

このインポートボタンを押すことで、Assetを現在開いているプロジェクトに追加することができます。

インポートボタンボタンを押すと以下のウィンドウが表示されます。

ダウンロードしたパッケージ内のどのアセットをプロジェクトに使いするかという選択ウィンドウなのですが、基本的にはデフォルトのままImportボタンを押しましょう。

Projectビューを見ると、先ほどインポートしたUnity Chanが追加されています。

Add unity Chan!

Assets→Unity Chan→Unity Chan Model→Prefabsの順番でフォルダを開きます。

PrefabフォルダのUnity ChanをHierarchyにドラックアンドドロップしてください。

Add-Unity-Chan!

これで、Asset Storeからダウンロードしたフリーの3Dモデルを表示することができました。

まとめ

今回は、Asset Storeの使い方について解説しました。Asset Storeには他にも沢山Assetがあるので、好みのAssetを探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました