【Unity】強力、高速、かつ柔軟なプラットフォーム人気の秘訣

Unity Unity

強力、高速、かつ柔軟なプラットフォーム人気の秘訣

Unity初心者向けにUnity(ユニティ)とはどんなものか簡単に解説してます。モバイルゲームやブラウザゲームの開発で頻繁に用いられています。

Unityでできることや人気の秘訣について簡単に紹介します。

Unityとは?

Unity

Unityとは、ユニティ・テクノロジーズが開発しているゲームエンジンのことです。

ゲームエンジンとは、コンピュータゲームのソフトウェアにおいて、共通して用いられる主要な処理を代行して効率化するソフトウェアの総称です。

Unityのほかにも下記のようなゲームエンジンがあります。

  • Unreal Engine 4(アンリアルエンジンフォー)
  • Cocos2d-x(ココスツーディーエックス)
  • Lumberyard(ランバーヤード)
  • OpenSiv3d(オープンシブスリーディー)

この中でも圧倒的にUnityの使用率が高いです。有名なところでは、「ポケモンGO」もUnityを用いて制作されています。

ゲームを作りたいけど作り方が分からないという方は、まずUnityを始めることをお勧めします!

Unityでできること

豊富なプラットフォームでゲームを作ることができる!

Windows,Mac,Linux,iPhone,Android,PlayStation4,Xbox,WebGL,tvOSなどの様々なプラットフォームでゲーム制作をすることができます。

どのプラットフォームでも基本的には、C#を用いてゲーム開発することが可能でC#さえできればどんなプラットフォームでもゲームを作ることができます。

2D,3Dでどちらでも開発することができる!

2D&3D

他のゲームエンジンとは違い、2D、3Dどちらでも開発することができます。

特にUnityは3Dゲーム開発に強く、PlayStatin4などのグラフィックで魅せるゲームから、スマートフォンゲームなどのソシャゲを作ることができます。

簡単にゲームを作ることができる!

他のゲームエンジンでは、キャラクターなどのオブジェクトを生成する際、コード上から呼び出す必要がありました。そのため、エンジニアではないデザイナーがインターフェースを変更したいと思ってもエンジニアに依頼する必要がありましたが、Unityでマウスによる操作で簡単にオブジェクトを配置することができます。

Unityを使うメリット

Asset Store

Asset-Store

何と言ってもUnityには、Asset Store(アセットストア)がある点が大きいといえるでしょう。

Unityは、他のプラットフォームより気軽に3Dゲームを制作することができますが、もととなる3Dモデルを作ることは難しいです。しかし、Unityにはそういった3DモデルをAsset Storeを利用することで無料で手に入れることができます。

他にも下記のようなものがあります。

  • 2Dモデル
  • Texture&Materials
  • Templates
  • Animations
  • GUI
  • VFX
  • Audio

無料のAssetを利用するだけでゲームが開発できるほど、Asset Storeには豊富なアイテムが揃っています。

無料で利用することができる!

Unity-price

UnityはPersonal,Plus,Proといったバージョンがありますが、その中でもPersonalは無料で扱うことができます。簡単なゲームを作るだけならPersonalで十分です。

Personalが物足りなくなったら、PlusやProへ移行してみましょう。

Unityを使うには

Unityを使うには基本的には、パソコン1つあれば十分です。

Windows,Macどちらでも対応していますが、iPhoneゲームを制作する際には、Mac専用の機能と連携する必要があるので、Macを用意しましょう。

デバックのみならば、WindowsでもUnity Remote 5というアプリを使うことでiPhoneでもゲームをすることができます。

まとめ

今回は、Unityについて基本的な知識を紹介しました。Unityは現在でも強力、高速、かつ柔軟なプラットホームですが今後もどんどん成長していくといわれています。

ゲーム制作の際はUnityの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました