【Unity】3種類の光源(ライト)をそれぞれ解説します!

Unity Unity

3種類の光源(ライト)をそれぞれ解説します!

Unityには、Direction Light,Point Light,Spotlightの3種類の光源があります。これらのライトを設定しなければゲーム画面が真っ暗になってしまうので、設定する必要があります。今回は、光源(ライト)を設定する方法を初心者でもわかりやすく解説します。

ライトの種類

光源の設定方法を解説する前に、3種類のライトをそれぞれどのように使うのか解説します。

Direction Light

「太陽」のようにゲーム画面全体を照らし、全てのゲームオブジェクトに対して、均一に光を当てることができます。

ゲーム世界の範囲外にある位置から差す、大きな遠い光源です。写実的なシーンでは、太陽や月のシミュレーションに使うこともできます。また、アブストラクトなゲーム世界では、光がどこから差しているか特に明確にすることなく、本物らしい影をオブジェクトに付けることができます。

最も一般的に使用するライトになります。

Point Light

「電球」のようにライトの周囲を照らすことができ、ライトからの距離が遠いほど暗くなります。

シーン内のランプや他の局所的な光源をシミュレーションするのに役立ちます。リアリスティックに周囲を照らす火花や爆発を作ったりするのにも役立ちます。

Spotlight

「車のヘッドライト」のように円錐状の範囲内を照らすことができ、ライトから一定の角度のみ明るくすることができます。

懐中電灯、車のヘッドライト、サーチライトなどといった人工的な光源として使用されます。スクリプトやアニメーションで方向を制御すれば、動きのあるスポットライトでシーン内のごく狭いエリアを照らし、印象的なライティング効果をつくり出すことができます。

ライトの設定

事前準備

今回はUnityにもともと用意されているオブジェクトを照らします。

まずは、Sphere(球)を作成します。

Hierarchy→3D Object→Sphere

Sphere

次にPlane(平面)を作成します。

Hierarchy→3D Object→Plane

Plane

PlaneにSphereが埋まってしまっているので、SphereのPosition Yを0.5に変更します。

Shere-0.5

これで準備完了です。

ライトなし

UnityはデフォルトでDirection Lightが用意されています。今回はライトがなくなると画面が暗くなるのを確認するために、ライトを非表示にしてみます。

No Light

画像のように、Direction Lightの✓を外すことで非表示にできます。

このように、Lightがなければ真っ黒になってしまいます。

Direction Light

Direction Light

ディレクショナルライトは明確な光源の位置を持たないので、ライトオブジェクトはシーン内のどこにでも置くことができます。シーン内のすべてのオブジェクトが、あたかも光が常に同じ方向から差しているかのように照らされます。ターゲットオブジェクトからライトまでの距離が設定されていないので、光が減衰することもありません。

Point Light

Direction Lightを非表示にして、Point Lightを追加します。

Hierarchy→Light→Point Light

Point LightのPosition Yを3に設定しましょう。

Point Light

面に当たる光の方向は、その接地点とライトオブジェクトの中心点を結んだ直線です。光の強度は距離とともに減衰し、指定した距離で 0 になります。光の強度は、光源からの距離の 2乗に反比例します。これは「逆 2乗の法則」として知られ、実世界での光の性質に似ています。

Spotlight

Point Lightを非表示にして、Spotlightを追加します。

Hierarchy→Light→Point Light

SpotlightのPosition Yを3に設定しましょう。

Spotlight

スポットライトは限られた角度内の光になるため、照明領域が円錐形になります。円錐の中心は、ライトオブジェクトの前方(Z)方向を指しています。また、ライトはスポットライトの円錐の端で減衰します。角度を広げると円錐の幅が広くなり、それにより、‘penumbra’ と呼ばれるフェードのサイズが増加します。

まとめ

今回はDirection Light,Point Light,Spotlightの3種類の光源について解説しました。それぞれ違った使い方ができるので使いこなすことができるようになるとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました