【Unity】Assetsフォルダ内の素材を取得する方法!

Unity Unity

Assetsフォルダ内の素材を取得する方法!

今回は、Assetsフォルダ内の素材を取得して表示する方法を解説します。

一つ一つ素材を設定する必要がなくなり、敵のスポーン場所を固定して、ステージごとに敵キャラを変える場合や、カードゲームなどカードなどを設定する際に非常に便利な方法です。

Resourcesフォルダから素材を取得して表示

スクリプトを作成

今回は、Resourcesフォルダから画像を取得して表示させるスクリプトを書きます。

Assets→Create→C#Script

Add-script

今回のスクリプトは画像を読み込むスクリプトなので、スクリプト名はLoadImageスクリプトとします。

LoadImageスクリプト

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;//UIであるImageを取得するので追加

public class LoadImage : MonoBehaviour
{
void Start()
{
//ImageオブジェクトのImageコンポーネントを取得
Image image = GetComponent<Image>();
//Resourcesフォルダからmomongaと名のついたものをSprite形式で引っ張ってくる
//Resourcesフォルダが階層になっている場合は、momongaの場所はパスを入れてください
Sprite sprite = Resources.Load<Sprite>("momonga");
//imageコンポーネントについているspriteを変更
image.sprite = sprite;
}

}

オブジェクトの準備

画像を変更するスクリプトを書いたので、HierarchyにImageオブジェクトを追加します。

Hierarchy→UI→Imageで追加します。

Add-Image

ImageオブジェクトにLoadImageスクリプトをドラックアンドドロップして追加します。

Add-LoadImage

これで準備が整いました。

実行してみてください。

Add-Momonga

ImageコンポーネントのSpriteに何も設定してませんが、LoadImageスクリプトからResourcesフォルダ内の画像を読み込んでいるので、画像を表示させることができます。

まとめ

今回は、Assetsフォルダからスクリプトで画像を読み込んで表示させる方法を解説しました。この方法を使うことで、作業効率が格段に上がりますのでぜひ使ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました