Unityチュートリアル はじめてのゲーム開発 JohnLemon①

Image Unity

セットアップ編

新規プロジェクトを作成

プロジェクト名は、Unityチュートリアルとし3Dにチェックを入れ新規作成します。

ProjectSetUp

 

AssetStoreからAssetをインポート

Window→Asset StoreをクリックしWindowにAsset Storeを追加します。

Asset Storeから3D Beginner:Tutorial Resourcesを検索しダウンロードした後にインポートします。

 

 

Part1

Main Sceneを作成

projectのAssetsに新しくFolderを作成する。

フォルダ名はScenesフォルダに変更しておく。

 

Scenesフォルダ内に新しくSceneを作成し、Scene名をMainSceneとする。

キャラクターを追加する

Assets→Models→JohnLemon

 

JohnLemonを先ほど作成したMainSceneにドラックアンドドロップします。

 

キャラクターをPrefab化

HierarchyのJohnLemonをAssetsフォルダ内のPrefabsフォルダの中へドラックアンドドロップします。

 

Prefab化とは、Objectをテンプレート化し何度も同じObjectを使えるようにすることです。

アニメーターコントローラーを作成する

Assets→Animation→Animationsを開きAnimation Controllerを作成します。

Animation Controllerを作成したら、名前をJohnLemonに変更しダブルクリックします。

現在Layersに選択されているので、Parametersを選択し画像のようにBoolを選択し名前をIsWalkingにします。

 

Animationを追加

Assets→Animation→John@Idleを選択しAnimaterにドラックアンドドロップ

Assets→Animation→John@Walkを選択しAnimaterにドラックアンドドロップ

 

Idleで右クリック→MakeTransition 矢印をWalkへ

Walkで右クリック→MakeTransition 矢印をIdleへ

 

 

 

矢印を右クリックしInspectorのHas Exit TimeをIdle,Walk共に外しておきます。

 

切り替えの条件を追加

矢印→Conditions

IdleからWalkの矢印の場合はtrue

歩いている

Walkからldleの矢印の場合はFalseを選択します。

歩いていない

Hierarchy→JohnLemonを選択しControllerにJohnLemon.Animationを追加

 

 

キャラクターを剛体にする

Hierarchy→JohnLemonを選択し、Add ComponentでRigidbodyを追加します。

Rigidbodyを追加することで、Objectを剛体にすることができます。

JohnLemonの動きを修正

Apply Root Motion Nomal→Animate Physics変更

これを行うことで、物理法則に従ってAnimatorを使用することが可能になります。

JohnLemon→Rigidbody→Constration

Freeze Position→Yにチェック

これによりJohnLemonが上下に移動することはなくなります。

Freeze Position→X,Zにチェック

これによりJohnLemonが前後や左右に倒れなくなります。

 

キャラクターに衝突判定を追加

Hierarchy→JohnLemonを選択し、Add ComponentでCapsulle Colliderを追加する。

Capsulle Colliderを追加することで、Objectに衝突判定をつけることができます。

Capsulle Colliderのサイズがあってないので調整します。

Capsulle Collider→Center→Y0.7

Capsulle Collider→Redius→0.4

Capsulle Collider→Direction→1.4

まとめ

JohnLemonの動作を管理するルールの簡単なセットを作成しました。次のPartでは、スクリプトを作成して、キャラクターを実際に移動できるようにします。

 

参考サイト Unity公式

 

next

コメント

タイトルとURLをコピーしました